My Life

30代フリーターの日々の生活。

9/30

①今日は試しに英検準2級の過去問題を解いてみた。

 リーディングのみ解いたが、とても簡単で25分で解き終えた。

 

I tried to work out  pass issues of Eiken Grade Pre-2.

I worked out only reading issues, and it's very easy for me to finish to solve.

It took for twenty-five minutes.

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

②やはり受験するなら2級だとわかった。

 しかし2級になると難易度が一気に上がる。

I noticed that I would take a exam of Grade 2, but difficulty of the test is harder than

Pre-2.

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

③3ヶ月勉強しただけでは受からないかもしれない。

 だが、受験するだけでも経験にはなる。

I may not be able to pass it just by studying for three months.

And yet taking it will be a good experience for me.

 

自分の問題点

 

脳から変えるダメな自分 「やる気」と「自信」を取り戻す

脳から変えるダメな自分 「やる気」と「自信」を取り戻す

 

 この本の項目で自分に当てはまる項目が

1:やる気が起こらない

2:集中力がない

3:抑制の力が落ちている

4:自分の考えをまとめられない

5:時間を無駄使いしてしまう

6:ネガティブ思考に陥りやすい

以上6個が当てはまる。ちなみに全部で12個。半分も当てはまるダメ人間。

特に1と2と5と6が本当に悩み。

これらの問題は全部「友達がいない」ことが原因なのだとはわかっている。

去年唯一交流のあった友人と縁を切ったので

かれこれ1年以上誰かと食事したことはないし、

職場も全く話さないのでどんどんネガティブになっている。

唯一会話するのは月2回の英会話サークルのみ。

このサークルもマンツーマンじゃなくグループレッスンだし

先生以外は年上の高齢者ばかりだしで最近落ちこみまくっている。

でもこれらは全て自分が悪くて、

今まで他人を否定しすぎだなぁ~と実感して反省している。

縁切った友人は関わりを持ちたくないことを私にしてきたので別にいいんだけど

それ以外の人たちもとかく受け入れ拒否しまくったので

自業自得かなぁとも思う。

今一番自分に足りないことは

『他者への感謝』だと感じる毎日です。

とりあえずこの本読んで今後のことを考えよう。

何で日本人って短時間を重要視するの?

本屋やyoutubeの動画見てると

”たった1ヶ月で英語話せる!”とか”わずか3分で聴き取れる”とか

”聴くだけで喋れるスピード○ーニング!”とか

そういう煽り文句よく見ますが

何でそんなに時短を意識するのだろうか。

英語勉強して1年経ちますが、勉強すればするほど

第二言語の学習の難しさを感じるし、

そんな簡単には習得できないからこそ学習が楽しい

と感じている。

今まで努力しなかったからこそ、一段ずつ努力して階段を上がる楽しみを

感じられる。そうやってじっくり習得するのが面白いのに

バカみたいに煽り文句にひっかかっては早々に諦める人が多い。

だからこそ日本の英語ビジネスは衰退しないんだろうなぁと思う。

といいつつ、私も集中力のない飽き性ですが・・・

最近はどうやったらB1レベルになれるのか、

どういう勉強をするのがいいのか毎日考えています。これ大切。

自分で自分を掘り下げ、

勉強方法を考えだす。

そして地道に長時間かけてそれをこなす。

上達への道はこれしかありません。

映画『沈黙』を見た感想(ネタバレ有り)

自称「遠藤周作信者」の私としては

ずっと見たくてたまらなかった作品なのでやっと見ることができました。

私は数年前に先生の「わたしが・棄てた・女」を読み

その次に読んだ「海と毒薬」ですっかり遠藤ワールドに魅了され

ついには「女の一生 第一部」でクリスチャンになってしまったほどであり、

遠藤先生は私の人生において特別な人間であります。

そんな先生の代表作「沈黙」が実写化されたわけですが

これは遠藤ファンの私でも大満足の映画でありました。

一言で言うと

『人間がこんなに哀しいのに主よ海があまりに碧いのです』という文をそのまま映画にした作品。

これに尽きます。

特にモキチが死ぬシーンとガルペ神父が死ぬシーンで感じられるでしょう。

最初は日本人が英語ペラペラ話すのにちょっと笑えますが

すぐ慣れます。

むしろ小説だとロドリゴ神父が日本語ペラペラですからw

基本的に小説をそのまま映像化してますがちょっと改変されていて

それも良かったです。

まず通辞役の浅野忠信

この役がまたエグい!

さんざんロドリゴ神父を言葉で責めるのですが、

最後の最後に転ぶシーンで「形だけだよ・・・ただの形式だよ」と

優しい言葉をかけるのがエグすぎる!

次に窪塚洋介演じるキチジローですが、小説読んだ身としては

「キチジローにしては顔綺麗すぎじゃね?」とか思ってたのですが

今では窪塚洋介で良かった~!

というのも、キチジローは弱さゆえに何度も裏切るのですが

その後ずっとロドリゴ神父につきまとい、転んで岡田という名前になったあとも

常に神父といるのです。

それはつまり、キチジローはユダでもあり、なおかつ同じ苦しみを分かち合い

常に寄り添うイエスでもあるのではないか。と感じました。

それを考えたとき、確かに窪塚洋介って見た目がイエス・キリストに似てるな~と。

何度かイエスの顔が出てくるのですが、イエスも目が大きくて

やせこけてる感じで、鼻筋すっきり。

窪塚洋介も日本人にしては鼻が高くて目も大きくてやせこけてる。

だから選ばれたのかな~って思いました。

またキチジローが「強くなる努力をします」って言った後

最後の最後に告悔をしたあと神父を裏切らないのですよ。

密かに持ってた聖画がバレて、前のキチジローなら神父のせいにして

生きることを選ぶはず。だけど「これは岡田に貰ったものではない」と発言して

役人に連れて行かれる。それが嬉しくて。

主役のアンドリュー・ガーフィールドはかっこいいし

他の役者も味のある人ばかりだし、

日本人は宗教の話するとすぐ嫌がるけど

実際自分の国であった歴史なわけだしで見ても損はないと思います。

今度は『侍』もスコセッシ監督に映像化してほしいな~。

何で英語勉強してるんだっけ?

いろいろ悩みがあってついぼーっとしてしまい

英語勉強も疎かにしがちな毎日。

そうするとだんだん目標も目的もわからなくなってくる。

自分は何で英語勉強してるのか?

それを見失わないために書いておく。

・今まで志が低くやりたいこともなく空っぽのまま30代になってしまったので

 海外に行って味方が一切いない状態で自分を鍛えてレベルを上げたい

・努力というものをしたことがないので、自分で努力してスキルをつけたい

・今までは毎日を使い捨てにして消費してただけなので

 今度は毎日を大切にしながら生きたい

・人生を変えたい。自分の本当に学びたいことを選択してまた勉強したい。

・大学に行って交流したい。

・日本とは逆の文化を知って視野を広げたい。

 

結論として、

『海外で学び直したいので海外の大学に入学したい。

そのためにはIELTSで良い点を取る必要があるので英語を勉強する。』

という理由から英語勉強してます。

現在A2レベル。まだB1は早いので基礎英語3できっちり基礎を固めます。

レアジョブの無料体験受けてみた

今の自分の英語レベルが知りたいので

レベルチェックがついている無料体験で有名な

レアジョブのオンライン英会話を受けてみました。

以前にDMM英会話でセルビア人の方から教えてもらったときは

速すぎて8割答えられなかったのですが

今回はフィリピン人との英語を体験してみました。

初心者の設定でデータを送ったのでかなりゆっくりと

わかりやすい英語で話してくれましたが

先生は終始真顔で流れ作業って感じでした。

まぁ、向こうからしたら日本人と無料体験ばかりやってるので

流れ作業になるのは仕方ありませんが・・・

しかし笑わないので必要以上に喋っていいものかわからなくて

終始戸惑ってしまったうえに人と会話しないコミュ障なので

何言っていいかわからず・・・

レベル結果は”LEVEL4、High Beginner”でした。

う~ん、まぁなんとなくわかっていたけれど

LEVEL5じゃないのは少しがっかり。

そしてB1レベルになるのが難しいなぁ。

というか、私は基本的に中身空っぽでコレが好き!っていうのがないので

好きな食べ物は?って聞かれても、

「う~ん・・・特にない・・・」って感じなんだよなぁ。

それが改めて露呈したので自分のレベルの低さにがっくし。

でもここで諦めたらいけない。

まぁ、まだ英検2級受験は早いような気がするので

1月の受験を目指して頑張ろう!

 

ズタボロな結果のTOEIC2回目

先月誕生日記念に2回目のTOEICを受けました。

試験を受ける前は慢心して勉強は一切しませんでした。

そして開始早々ビジネス英語の面白くなさに挫折、

その後はテキトーに回答し、ほぼ文章は読まず状態。

実は1回目を受けた後ひたすら会話の勉強をしていたのと

TOEIC自体が半年前に比べて難しくなっていたのもあり、

まったくわかりませんでした。

そして今日結果が発表されたのですが、

前回より140点ダウン!!悪すぎ!

なんとなく悪いんだろうなぁとは予想していましたが

見事に散々な結果でした。

今回わかったことは、やはりTOEICは英語のテストというより

”TOEIC”という、英語とはまた別の独立したテストだということです。

つまりTOEICで良い点数取りたければ

それ相応の対策をしないとダメだということ。

わざわざ電車で片道2時間くらいかけて行ったのが無駄になりました・・・

次は10月の英語検定2級を目指すことにしました。

そちらはビジネス英語ではないので楽しそうです。